示談は加害者と行うよりも保険会社と行うほうがメリットがある

保険会社を相手にした交通事故の示談交渉では、たとえ損害賠償問題が解決しても被害者側はその結果に不満を抱いていることが多いという事に関しては別項で書きました。示談交渉で被害者が保険会社を相手にしなければならないのは、加害者側から「交渉はすべて保険会社に任せてありますから、そちらと話し合ってください」と言われ、それに従わざるを得ないからです。この場合保険会社にとっては加害者は大事なお客さまですから、交渉では加害者側有利に話を進めていくのは当然のことです。ということは、こうした保険会社相手の示談交渉が被害者にとってデメリットばかりなのかとも思えますが、実は決してそうでもなく、中にはメリットと思える点もあるのです。

保険会社は原則中立な立場で交渉してくれる

加害者側の依頼で示談交渉を担当する保険会社の担当者が加害者側に有利になるよう交渉を展開していくのはある程度仕方のないことかもしれません。なにぶん保険料を支払っている加害者は保険会社のお客様だからです。では被害者は保険会社にとって敵なのかといえば、決してそういうことでもありません。なぜなら保険会社は、交渉にはあくまで中立の立場で公正に臨まなければいけないことになっているからです。その上で被害者に対して適正な保険の支払額を決めることが役目なのです。とは言え、これは建前に過ぎず現実はやはり被害者は有利でないかもしれません。

保健会社と交渉したほうが解決までスムーズ

とは言え保険会社の担当者は交通事故解決のプロですから、あらゆる面で話が通りやすく、その結果交渉が進めやすく、示談がまとまるのも早いため、その分お金が支払いもスムーズに行われることもまた事実です。この点が交通事故損害賠償交渉で保険会社を相手にすることのメリットではないでしょうか。

公開日: